どこにでもある初めての方向けの外為取引の本では「損が生まれたケースではナンピンを入れることによって、ポジション全体の価格をコントロールする」などとアドバイスしていますが現実にはこれには危険性があります。フレキュレル

ナンピン買いの理屈についてとても簡単に述べておきます。ゾンビ漫画 おすすめ

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。審査甘い消費者金融

ドル買いなのでドル高に向うほど儲けが大きくなるわけですが、不幸にして1ドル=95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。富士薬品

その場面でポジションを維持し続けたらマイナスをなくすためにはドル安になった分ドル高に動く必要があります。アーセナル

誰でも、損はなるべく早く回復したいと願います。美甘麗茶

そこではじめにエントリーしたのと同じ分の$を95円で買います。

そうすると、平均の買い付け価格は97円50銭まで低くする事が出来ます。

つまり、2円50銭の幅で円安が進めば、損失を回復する事ができます。

この流れがナンピン買いの理屈です。

このとおり、ナンピン買いのロジックを耳にすると、「もっともだ」という風に思うが為替相場はそう易々と思うようにはいきません。

最初から、95円が底だということなど、誰一人としてわからないのである。

例として、市場が強い円高動向だったら、1ドル95円では収まることなくより円高が進む確率がある。

たとえば、97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず1ドル=95円まで円高が速んだらナンピンした分にも、為替差損が生まれてしまいます。

この状態では、最初に持ったポジションとあわせて二重の為替差損を被ります。

それほど、ナンピン買いは難しいのだ。

ならば、為替が自分の物語とは逆向きにみるみる行ってしまった場合、どういった術で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。

そういう時には選択する選択肢は限られています。

まずひとつめは潔く、損失を確定する事です。

もうひとつの手段としては、その時に、自分が所持しているポジションを減らす事で改めて市場が戻るのを黙って待機する事です。

後ろ向きな術だとみる人もいるでしょう。

しかし、所有しているポジションに為替差損が生まれた場合、効果のある手段はこれ以外にはありえません。

理論上は、ナンピン買いするという方法もあると思います。

だけどナンピン買いは、自分が損失を出している状態で、ポジションを整理するどころか買いポジションを積み増していく方法である。

この方法では、危機を削減することなど、無謀だと思うべきです。

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれません。

だが、そうなる前に投資資金は無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.karmafreepizza.com All Rights Reserved.