フリーローンに関しての引き落し内容は、カード会社の経営方針如何で相当違いがあって、いろんな方式がとられてます。

基本的にはスライド方式やリボ払方式などがとられているようです。

そしてこういったほとんどの人がわかっているリボ払でも、本当のことを言うと算定方法には様々な種別というものがあります。

よってさのごとき種類に応じて支払額が違ってしまいますから知ることで損はないでしょう。

それでは易しくこの2つの方式の違いに関して説明します。

一つは元金均等払いというものでその次は元利均等払いというものです。

両者は読んで字のごとく、元本を均等にして支払っていくというものと元金と利子について合わせて均分に払っていこうという様式です。

このケースではもしも10万円キャッシングしたと仮定して、具体的にいかなる勘定をするかやってみましょう。

金利をどちらも15%と仮定して試算します。

またリボルディング払いに関しての支払額は1万円と設定して計算します。

まずは元金均等払いからです。

斯うした事例の初回の支払いについては1万円に金利分1250円を足した返済となります。

次の返済については1万円へ金利分の1125円を加算した支払へとなるのです。

かくして総回数10回で支払を終了させるといった方法です。

一方元利均等払いというものは初回の支払いは1万円でそこから元金へ8750円、金利へ1250円といった感じで割り振りをします。

その次の引き落しについては元本が8750円へと減少した状態で金利を算定し、1万円を更に割り振りをします。

つまり元利均等払いの場合は10回で支払いが完済しないといった算出になってしまいます。

これだけのギャップで二方がどのように異なってるのかが十分わかってもらえたことかと思います。

元利均等とは元金均等と比較して明らかに元が縮小していくのが緩慢という弱点というものがあります。

即ち利息を余計に返済すると言うことになります。

一方1回の返済が些少な額で済むといったプラスもあったりします。

かかる引き落し形式の相違に連動して、返済額というのが相異なってきますからご自分の計画に合致する方針を採用するようにしていきましょう。

Copyright © 2002 www.karmafreepizza.com All Rights Reserved.