為替介入という言葉はご存知でしょうか?日本銀行が介入して新聞記事、テレビのニュースネットの記事で目にした人も多いでしょう。為替の介入というと我が国では、・財務大臣が為替のレートの安定化を保つように行なうやり方ということで考えられています。簡潔に言うと、極端な円高・円安が起きると財務大臣の指令のもとに日銀が日本円を売り買いして為替相場の安定をさせるものを言います。外国為替市場介入(為替介入)はいくつか種類があるのです。1.単独介入・・・政府機関または日本銀行が東京での市場において自主的に市場に参加して為替介入(外国為替市場介入)をする。2.協調介入・・・銀行などが相談のうえそれぞれの通貨当局の資金を用いて同時ないし引き続いて為替介入(外国為替市場介入)を実行していく。3.委託介入・・・国外の銀行などへ外国為替市場介入(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに成り代わって外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。このようなやり方があります。どのケースの為替介入(外国為替平衡操作)も一時期、あるいは引き続いて市場に多くのインパクトを与えることになります。為替介入(外国為替市場介入)の金額は当然自分の国の面子をかけているだけにスケールが違うのです。円を基本に説明すると、日頃は数銭単位で変化している為替相場が数円ずつの動きをするのです。個人で投資をしている方ならば体験していると思いますが、それまでうまく利益(あるいは損失)が増加していた持ち高を持続していたところへ、保持している保有高が決済したとの連絡がFX業者からEメールが。どれほど儲かったのかな(損失が出たのかな)?と考えつつ決済報告を見たら、自分が想像していたものとは逆の結果となり息を飲んだというパターンがよくありました。介入が行われた時によくあることです。こういったことから為替の介入が行なわれると、為替市場の流れと逆の動向をします。それだけでなく動く金の幅は非常にでかく動くので用心が必要です。

Copyright © 2002 www.karmafreepizza.com All Rights Reserved.