予想外に突然出会うのが事故です。この状況でどうやって処理した結果により、自動車の保険金の受け取り額も違ってくる状況も想像されますので正確な判断力と行動が必要です。予想外のアクシデントでパニックになってしまったとしたら必要な対処を見過ごしてしまい、この先大損を負わされる状況もありますので事故に遭遇してしまった場面では正しく次に記述した対応をしましょう。交通事故を起こした場合に一番初めにすべきなのは重軽傷者の確認です。事故のすぐ後は頭の中が真白になって喪心状態になってしまうケースがあり容易に動けないのが現実です。その場合、負傷者がいたら安全な場所に移動して応急手当して、119番通報するようにして救助の最優先に努めましょう。119番に連絡する時は的確な事故があった場所を連絡して良く分からない状況では分かり易い建造物や交差点名を知らせて事故が起こった住所が判断できるようにします。2番目に警察署に通報して自動車事故が起きた事そして状況を話します。救急車と警察を待つ内に負傷者の内容を確かめます。名前、電話番号、免許証、ナンバープレートの番号、事故の相手の方の自動車保険の会社名等各々の身元を伝えます。この時相手側に過失があったような場合にはその場で解決しようとするケースがよくありますがその場所で解決するのではなくどういうケースにかかわらず警察署や自動車保険会社に通報してちゃんとチェックしてもらうようにしましょう。各々の情報を教えたら他者の妨害にならないために障害になる物を道から排除します。もしも妨げになった物が他の妨げとなっている時は、情報交換をする前にこの対応を完了させても問題は起こりません。ここであなたの自動車の保険会社に電話をして自動車の事故があった事を電話します。車の事故から特定の時間内に自動車の保険会社に報告していないと、交通事故の保険の適用除外となる事態もありますので極力時をおかずに連絡することが重要です。出来るのならば事故の現場の証拠としてカメラや携帯のカメラ等を使って事故現場や車の壊れた箇所が分かる写真をを撮影しておきます。この証拠写真は落ち度の割合決定する時に手がかりとできますので、自分自身の乗用車や相手のクルマの状態を全て証拠に残しておきます。この際に目撃した人がいれば警察や保険屋さん駆けつけるまで一緒に待っていて頂けるようにお願いするのも大切です。

Copyright © 2002 www.karmafreepizza.com All Rights Reserved.